お知らせ

「船越レディースを応援すっぺ!被災地とアートでつながろう」

大学の「広報41」に、油画分野の学生の活動が特集されています!




油画分野3回生の松谷めぐみさんが企画した「船越レディースを応援すっぺ!被災地とアートでつながろう」は、石巻市雄勝町・船越のお母さんチーム「船越レディース」と本学学生が一緒に、瓦礫の中から拾い上げた雄勝石に絵付けをし、オリジナルペンダント、ストラップを作るワークショップです!
雄勝石のペンダント、ストラップは、生産が追いつかないほどの人気商品で、その事情を聞いた松谷さんが絵付けを手伝うワークショップを企画し、実現に至りました。
油画分野のゼミ室で開催されたこの企画ですが、企画スタッフの学生の尽力で、油画分野の学生だけでなく短大、四大と分野を超えて有志が集まりました。絵付け作業は船越レディースのお母さん方と会話をしながらの和やかなムードで行われました。集まった学生もこういうものが売れるのでは!など船越の復興市で販売されるこのアクセサリーの収益が貴重な収入源になっていることを考え、またそのような話を聞くことで、現地へなかなか足を運んでお手伝いすることができない学生も、関わりを持つひとつのきっかけとなったとおもいます。


この企画は、これからも継続して行なっていく予定とのことです!





本学HPの嵯峨日記にて当日の様子が紹介されています。

http://www.kyoto-saga.ac.jp/examinee/saganikki/report.php?report_no=279



12/06/13

絵画道場フェスティバル<絵画道場INDEX2012>作品募集

絵画道場フェスティバル<絵画道場INDEX2012>作品募集

絵画道場企画シリーズ「絵画への意志Vol.44」として、特別展を開催します。
これまで基本的に個展形式で運営してきた絵画道場企画ですが、今後の展開を視野に入れ、より参加しやすい形のグループ展形式(1人1〜2点出品)で、有響館全館および研心館1Fウォールギャラリーを会場として実施します。

展覧会タイトル:絵画道場企画シリーズ「絵画への意志」Vol.44 
絵画道場フェスティバル<絵画道場INDEX2012>

会期:7月5日(木)〜7月24日(火)
   *搬入、展示7月4日(水)13:00〜/搬出7月25日(木)16:00〜

会場:アートプイレイスU2・U3・U4(有響館全館)+研心館1Fウォールギャラリー

作品資格:在学生および絵画道場OBの「絵画」作品。原則として50号程度以内。
     *洋画、油画の学生以外でも出品可能です。

出品申込み:短期大学部洋画研究室・中井先生または芸術学部油画研究室・宇野先生に、指定の出品希望書を提出してください。*1作品につき1枚記入してください。

申込〆切:6月15日(金)16:00まで *希望者が多すぎた場合、調整を行うことがあります。



12/05/23

SAGA DASH & SAGA DASH AWARD 選抜メンバー決定

7月29日に行なわれた公開合評会・選抜展審査会を経て、今年度のSagadash、SagadashAward メンバーが決定しました。

SAGA DASH
・浅野 友衣子 (4回生)
・小泉 成理   (4回生)
・朝野 彩奈   (4回生)
・三輪田 めぐみ(4回生)
・寺岡 海    (4回生)
・内藤 萌乃   (3回生) 以上、6名

SAGA DASH AWARD(卒業生対象)
・田中 里実 以上、1名

SAGA DASH & SAGA DASH AWARD 展は、9月23日(金・祝)〜10月8日(土)に、MATSUO MEGUMI +VOICE GALLERY pfs/w で開催予定です。
(MATSUO MEGUMI +VOICE GALLERY pfs/w 〒601-8005京都市南区東九条西岩本町10 オーシャンプリントビル/OAC1階)
11/07/30

sagayuga★ツイッター

お気付きでしょうか?油画分野研究室発・sagayugaツイッター始めました。
ぽつぽつとつぶやいています。
まだまだ控えめなフォローですが、徐々にフォローの輪が広がっていくことを楽しみにしています。

「京都嵯峨芸術大学油画分野 @sagayuga 京都市右京区嵯峨五島町1」
プロフィール;京都嵯峨芸術大学芸術学部造形学科油画分野研究室です。

是非チェック&フォローお願いします。
11/06/30

公開討論会「アートを教える-表現がもたらす自由」

京都嵯峨芸術大学40周年記念イベントのひとつとして、造形学科の実習教員を中心にした公開討論会を開催します。
学生以外の方でも自由に是非ご参加ください。

「アートを教える −表現がもたらす自由−」
日時:7月16日(土) 14:30〜16:30
場所:有響館G401教室

司会:松本泰章(本学メディアアート分野教授)
討論者:宇野和幸(本学油画分野教授)、大島成己(本学造形基礎准教授)、仲政明(本学日本画分野准教授)、日野田崇(本学工芸分野准教授)、上田香(本学工芸分野専任講師)

内容:アートを教える、学ぶとは何か。それは人間の潜在的な創造性を引き出して昇華させるための魅力的な試みであると言えます。教育現場で世代を超えて求められてきたものが表現のもたらす精神の開放、自由であるなら、既成の価値観を越えた自身の枠を広げていくことが大切なのではないでしょうか。教員もかつては学ぶ立場にあり、そして今なお、学び続ける途上にあります。そこには、人、作品、異文化などとの様々な出会いがあり、それが各人の道筋を示してきたのではないでしょうか。
本会では、学びと出会いのあり方を巡りながら、アートの教育の可能性について議論していきます。
11/06/30

«Prev || ... 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · | Next»

ページトップへ

copylight(c) kyoto saga university of arts oil painting,All rights reserved.
嵯峨美術大学

旧・京都嵯峨芸術大学 油画分野(オフィシャルサイト)